The Moon Age Calendar >> Main >> Exhibition >> Moon Diary  DrawUp 1998/01/03 CGI Renovate 2000/12/13






最近すっかり流行っているデジタルカメラで
月の映像を捉えておられる方も多くなってきました。

全国で月を撮影されている方々と共に、
今日の月を綴って行けるように、掲示板形式にしました。

初めて写真を投稿して下さいます方は、こちらからご登録をお願いします。
その後、以下のフォームからご投稿下さい。
お名前
メール 表示する
URL
削除キー 投稿パスワード
撮影日時 
題名
コメント
縮小画像 縮小画像は必ず用意してください。

縮小画像の横幅は120ピクセルになります。
拡大画像
JavaScriptのウィンドウ初期サイズは320×240ピクセルです。
  
構図や撮影方法などは問いませんが、ご投稿画像は月を撮影したものに限ります。
また、極端に大きな画像を縮小画像とされている場合には、運用上削除する場合があります。


月相をクリックしていただくと、やや大きめの画像が表示されます。
zoomボタンではJavaScriptにより、小ウィンドウを開きます。

登録数 :127枚 続き 1 2 3 4 5 6 7

2000年12月17日04:41
zoom [ 67 ] 撮影 :moonsystem  [ mail ]  [ HP ]
月齢20.853  輝面比63.443  370,802km  二十一夜月・二十日余りの月   削除
欠けて行く月の輝きが、随分と優しく穏やかになってきました。
年の瀬の週末は、柔らかな月光に照らされて更けて行きます。
薄雲が広がり風もなく、まるで時間が止まっているかのようです。

2000年12月17日04:19
zoom [ 66 ] 撮影 :Lady-e  [ mail ]  [ HP ]
月齢20.838  輝面比63.611  370,735km  二十一夜月・二十日余りの月   削除
ちょっと色白
今日は、ちょっとだけ色白な月に撮れました♪
外は、すごく寒いというか冷たくて、望遠鏡触った手は、まだかじかんでます。
でも、今も誰かが月を見ていると思うと寒さが少し和らぐ気がします。

2000年12月16日04:22
zoom [ 65 ] 撮影 :moonsystem  [ mail ]  [ HP ]
月齢19.840  輝面比74.252  366,636km  二十夜月・更待月   削除
更け待ち月
遅れて行く月の出と共に、天高く昇る時は夜明けが近づきます。
欠け行く月は、心なしか小さくなった姿ながら、神々しく輝いて
年の瀬の人々の暮らしを見つめているかのようです。
未来へと続く時間の中でこの瞬間を、降り注ぐ月光が感じさせてくれます。

2000年12月16日04:04
zoom [ 64 ] 撮影 :Lady-e  [ mail ]  [ HP ]
月齢19.827  輝面比74.380  366,589km  二十夜月・更待月   削除
流星の後に
今日は、大きな流れ星を見ました♪
カナリ速いスピードで月の下を流れていきビックリでした。
流星を見た直後の月です。

2000年12月15日02:59
zoom [ 63 ] 撮影 :moonsystem  [ mail ]  [ HP ]
月齢18.782  輝面比84.314  363,174km  十九夜月・臥待月   削除
Old gibbous
冷え込む深夜の天頂には、荘厳に輝く月が見下ろしていました。
眠らない街の灯をいぶかしげに、星々と共に輝きを放っているようです。
クリスマスまであと10日、待ちきれずに欠け行く月はちょっと寂しそう・・
次の世紀を迎える前に、もう一度新たなる月に生まれ変わります。

2000年12月13日23:38
zoom [ 62 ] 撮影 :Lady-e  [ mail ]  [ HP ]
月齢17.643  輝面比92.875  360,969km  十八夜月・居待ち月   削除
新装 今日の月 おめでとうございます
新装のお祝いには、申し訳無い写真ですが
お祝いの気持ちとして今日の月をアップさせて頂きます。

今世紀最後の満月からたった2日しかたっていないのに
ずいぶん欠けてきましたネ

2000年12月12日01:00
zoom [ 61 ] 撮影 :moonsystem  [ mail ]  [ HP ]
月齢15.700  輝面比99.879  361,958km  十六夜月・既望   削除
Last Full Moon
今世紀最後の満月が荘厳な輝きを放っています。
この100年もの間、私たち人間が犯した罪の全てを
慈愛にも満ちた光が包んで行きます。
月の輝きが新たな時代を照らし出しているかのようです。

2000年06月21日02:21
zoom [ 60 ] 撮影 :moonsystem  [ mail ]  [ HP ]
月齢18.212  輝面比87.65  404,234km  十九夜・臥待月   削除
今日の月
雲の中を泳ぐようにして、時折強く放たれる月光は、薄暗い地上を照らし出します。
柔らかな真綿に包まれたような姿を眺めながら、欠け行く姿を惜しみます。
夜空のゆりかごに乗っているかのような月は、何を思って私たちを見るのでしょう。
雨の季節につかの間の姿を現した月は、暫くして再び雲に消えて行きました。

2000年06月16日23:45
zoom [ 59 ] 撮影 :moonsystem  [ mail ]  [ HP ]
月齢14.104  輝面比99.90  404,845km  十五夜   削除
荘厳に輝く満月が霞んだ空を照らし出すようにして昇ってきました。
明日の朝に満月を迎える月は、今夜が最も満月に近い月となります。
梅雨の合間の晴天となった日中は、今宵の月を期待させてくれました。
期待通りに昇ってきた月は、多くの人の心を癒しながら輝きを放っています。

2000年06月16日01:12
zoom [ 58 ] 撮影 :moonsystem  [ mail ]  [ HP ]
月齢13.164  輝面比98.54  403,378km  十四夜   削除
大きく西に傾いた月は、赤みを帯びながらも強い輝きを放っています。
迫り来る満月の時を待っているかのように、その光の強さは増し続けるのでしょう。
儚いまでの幸せや、抱えきれないほどの悲しみも、月は知っているかのようです。
私たちの想いの全てを抱きながら、再び昇り来るときのために。

2000年06月15日01:31
zoom [ 57 ] 撮影 :moonsystem  [ mail ]  [ HP ]
月齢12.177  輝面比95.38  401,268km  十三夜   削除
梅雨入りと共に雲の向こうに隠れていた月が、およそ1週間ぶりに姿を現しました。
降り続いた雨の分だけ、見えなかった月への想いは募って行くのでしょう。
遠く離れていた人との出逢いのように、湿った空気を通して、優しく月光が届きます。
大きく満ちたその輝きは、西の空に傾きながらも、夜空を照らし出しています。

2000年06月07日20:07
zoom [ 56 ] 撮影 :moonsystem  [ mail ]  [ HP ]
月齢4.952  輝面比31.60  370,440km  六日月   削除
真夏のような暑さも、日が沈むと少しずつ涼しさが戻ってきました。
火照った空気の中で、思いのほか大きく満ちている月が迎えてくれます。
再び夜空に戻ってきた月は、見上げる人が増えると共に輝きを増して行きます。
梅雨の足音が聞こえてくる中、満ち行く月をそっと見守って行きたいものです。

2000年06月05日19:48
zoom [ 55 ] 撮影 :moonsystem  [ mail ]  [ HP ]
月齢2.939  輝面比12.41  362,123km  四日月   削除
さわやかな晴天の広がった一日が終わると、夕闇に細い月が姿を現しました。
太陽を追いかけるように沈み行く月は、私たちの労ってくれているのでしょう。
一日の仕事を終えた人々の目にも優しい月の輝きが映っているかのようです。
満ち始めた月の輝きは、多くの人に明日への希望と勇気を与えてくれることでしょう。

2000年05月30日03:53
zoom [ 54 ] 撮影 :moonsystem  [ mail ]  [ HP ]
月齢25.611  輝面比18.11  376,678km  二十六夜月   削除
かつて月待ちが行われていた、二十六夜の月がゆっくりと明け行く空に昇りました。
多くの願いや想いを抱きながら再び甦る月は、私たちの心を捉え続けるのでしょう。
僅かに掛かった雲が、柔らかな月の輝きを東の空の明るさに溶け込ませています。
今日もまた真夏のような晴天が広がる中、月は太陽のもとに向かって行きます。

2000年05月29日03:42
zoom [ 53 ] 撮影 :moonsystem  [ mail ]  [ HP ]
月齢24.603  輝面比27.31  382,833km  二十五夜月   削除
欠け行く月は、その細身から思いのほか強い輝きを放ちながら昇ってきました。
連日の真夏のような暑さの中、夜風はやっと冷たさを取り戻しつつあります。
風に乗って届く花の香りも、進み行く季節の移ろいを知らせくれているかのようです。
東の空が明るさを増して行くなかで、今夜の月は可憐にして逞しくも見えました。

2000年05月27日03:24
zoom [ 52 ] 撮影 :moonsystem  [ mail ]  [ HP ]
月齢22.591  輝面比47.30  394,096km  二十三夜月・下弦   削除
巡る月の輝きが不思議なまでに調和のとれた姿を見せてくれています。
薄く雲のベールを纏った月は、昇り来る太陽に矢を放とうとしているかのようです。
柔らかな輝きの中から放たれた月光が、眠りにつく家々を照らし出して行きます。
月に救われた夜の闇は次第に夜明けの時を迎えようとしています。

2000年05月25日03:19
zoom [ 51 ] 撮影 :moonsystem  [ mail ]  [ HP ]
月齢20.587  輝面比66.58  401,886km  二十一夜月   削除
早い夜明けが近づくと夜風は急に冷たくなり、月夜の空気が冷え込んできました。
約33度までしか昇らない月は、今夜も幾分赤みが残ったまま輝いています。
東の空が早くも薄明かりを迎えようとするなか、久しぶりにゆっくりと月を眺めます。
貴重なまでの晴夜と共に、欠け行く月はゆっくりと朝を待っているようでした。

2000年05月24日03:09
zoom [ 50 ] 撮影 :moonsystem  [ mail ]  [ HP ]
月齢19.599  輝面比75.27  404,097km  二十日月・更待月   削除
雲間を泳ぐようにして現れた月を、追いかけるようにして撮影できました。
夜空に開いた雲間には、意外にも沢山の星々が輝いていることが分かります。
南の空低くに開いた雲の窓から覗かせた月の姿も、思いのほか美しく見ました。
ほんの数十秒の間だけでしたが、静かに微笑んで消えて行く女神のようです。

2000年05月21日23:38
zoom [ 49 ] 撮影 :moonsystem  [ mail ]  [ HP ]
月齢17.433  輝面比90.26  405,280km  十七夜・立待月   削除
吹けば消えてしまいそうなほど、赤く暗い月が南東の空低く昇って来ました。
時折過ぎ行く雲はあるものの、暗いのは雲せいではなく大気の影響のようです。
琥珀色の月光は何となく寂しげですが、優しい輝きが静かに町並みを照らします。
雲に消えゆくまでの間、ゆっくりと地上を見渡しているかのようでした。

2000年05月18日21:59
zoom [ 48 ] 撮影 :moonsystem  [ mail ]  [ HP ]
月齢14.365  輝面比99.95  400,348km  十五夜・満月   削除
約半年ぶりに満月を写真に納めることが出来ました。
カメラの向きを誤って撮影してしまったために、やや傾いてしまいました。
夜半からも撮影を続けましたが結局天候の回復はなく、ぼんやりとしたままです。
待ちわびた満月は、さわやかな夜風の中でいつまでも薄雲と戯れています。


  続き 1 2 3 4 5 6 7

The Moon Age Calendar